ナンバー1の効果?プラセンタで花粉症対策

花粉症とは?

日本人の25%が花粉症だともいわれており、多くの方が春になると不快な症状に悩まされています。
花粉症とはスギやヒノキなどの花粉でアレルギー症状を起こす病気で、くしゃみ・鼻水・目の痒みなどの症状が起きるのが特徴です。
花粉症は春に多く、季節性アレルギー性鼻炎に分類できます。

 

○ アレルゲン
アレルゲンとなるのはスギやヒノキ花粉が有名ですが、ブタクサやシラカバなどの植物など、アレルゲンとなる花粉は多数存在しています。
季節になると花粉が飛び、アレルゲンを起こす種類は、60種類以上ともいわれ、1つの植物だけが影響しているわけではありません。

 

○ 花粉症のメカニズム
花粉が飛ぶ季節になると、鼻や目に花粉が体内に侵入してきます。
すると花粉を異物だと判断した免疫細胞が、IgE抗体をつくりだし、次回に花粉が体内に入るとアレルギー反応が起こります。
抗体ができると肥満細胞にくっつき、化学物質のヒスタミンが分泌され、くしゃみや鼻水などの症状がでます。

 

○ ある日突然なる花粉症
花粉症の症状がないからといって油断できません。
抗体はできると、ある許容量を超えてからとアレルギー反応が起こるようになり、数年しか花粉に触れていないのに花粉症になる人もいれば、数十年後にようやく花粉症になる人もいます。

花粉症が増えた理由は?

年々花粉症になる方が増えているのが気にならないでしょうか?
現在では国民病ともいわれるほど、花粉症の発症率は上昇しています。
花粉症がはじめて発見されたのは戦後のことで、それ以前は存在していませんでした。
花粉のみが原因なのではなく、現代社会にある特徴が花粉症の患者数を増加させています。

 

○ スギ花粉の増加
戦後に大量なスギが植林され、今でもスギが多く残り、その影響もありスギ花粉症の人が増加しています。
花粉症はスギだけが原因ではありませんから、もちろんスギの植林だけが原因ではありません。

 

○ 大気汚染が影響
花粉症が増えてしまったのは、花粉そのもののアレルゲンではなく、環境そのものの変化に原因があります。
現代のように排気ガスや大気汚染が進んでいると、汚染された大気に有害物質が多く含まれ、花粉と一緒になることで、よりアレルゲンを起こしやすくなります。

 

○ 生活環境の変化
食生活の欧米化や、不規則な生活習慣も、アレルギーを起こす原因のひとつとなっています。
ストレス社会ともいわれる現代では、子どもから大人までアレルギーを起こしやすく、一度アレルギー体質になると、なかなか改善させることは難しいのです。

 

プラセンタを比較して選ぶ? 

アレルギーを抑える

プラセンタが持つ抗アレルギー作用とはどんな働きのことをいうのでしょうか?一般的にアレルギー疾患の方には、抗アレルギー薬が使われており、プラセンタはこの薬と似た働きが期待できます。

 

○ 長期服用でアレルギーが起きにくい
プラセンタの抗アレルギー作用とは、短期間で効くものというより、長期間服用を続けて効果を持たせるためのものです。発作が起きてからでは効果が得られにくく、花粉症がある方は、春の花粉症の時期から数ヶ月前に使用します。薬のように1ヶ月で効果が出るということではなく、じっくりと向き合う必要があります。

 

○ 薬のような副作用が無い
抗アレルギー薬の場合、眠気が起きてしまうものがあります。とくに抗ヒスタミン作用がある抗アレルギー薬の場合、車を運転する方は注意が必要です。プラセンタなら副作用はありませんから、眠気が強くなることもなく長期間使いやすいといえます。

 

○ さまざまなアレルギー対策に
花粉症だけが抗アレルギー作用が効果的なのではなく、花粉症があるということはいろいろなアレルギーになるリスクを秘めています。プラセンタを飲んでいると、花粉症だけでなくアトピー性皮膚炎や喘息など幅広いアレルギー体質の方にも使用することができます。

 

プラセンタサプリの比較サイトから選ぶ 

関連リンク

http://xn--8-hfuraq2jd6jm1f.com/poem-shimi・・・プラセンタサプリでシミ対策しませんか?シミに関するあるあるネタを川柳で紹介!シミに関する情報です。
http://xn--j9jg7wqa2jqe1c.com/・・・プラセンタの効果と選び方について詳しくお知らせしているサイトです。サプリや注射などありますが、サプリでの摂取のほうがいいみたいです。その理由はこちらからどうぞ♪

こんな人におすすめ

花粉症は抗体が体内につくられることで原因ができて、それが蓄積し許容範囲を超えることで花粉症となります。その量は人により異なり、アレルギー体質があれば早い段階で超えてしまう場合も考えられます。プラセンタを使い花粉症対策をしたほうがよいのは、次のような体質の方です。

 

○ 両親がアレルギー体質
親がアレルギー体質である場合、その子どもにも遺伝すると考えられています。とくに母親のアレルギー体質は似やすく、親が既に花粉症を発症しているなら、プラセンタによる花粉症対策が有効だといえます。

 

○ 腸内環境が悪い
腸内環境とアレルギー疾患の関係性が指摘されており、腸内で乳酸菌など善玉菌の割合が少ないと、アレルギー体質になりやすいともいわれています。逆にいえば親からアレルギー体質が遺伝しても、腸内環境が整っていれば、その子どもは花粉症を発症しないかもしれません。アレルギー体質を遺伝しているかはわかりにくいと思いますので、腸内環境の悪さでも判断してみましょう。

 

○ 抗体がつくられやすい
花粉症に限らず、異なるアレルギー疾患になったことがある方は、抗体がつくりやすい体質だといえます。このような方は今花粉症がひどくなくても、将来抗体が蓄積していき、ある日突然花粉症になるかもしれません。